シンポジウム・研究会等の記録
TOP > シンポジウム等の記録>シンポジウム「国際刑法におけるニュルンベルク裁判と東京裁判の今日的意義」

シンポジウム「国際刑法におけるニュルンベルク裁判と
東京裁判の今日的意義」

(東京判決70周年・国際刑事裁判所ローマ規定採択20周年記念企画)

2018年11月17日(土) 13時30分~17時
東京大学駒場キャンパスⅠ 18号館ホール:会場
日本語・英語(同時通訳付き):使用言語
入場無料・事前申込不要:参加費
東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター:主催
ドイツ学術交流会・ドイツ連邦共和国外務省:後援

開会挨拶

石田勇治 (東京大学教授)

基調講演

国際刑法におけるニュルンベルク裁判と東京裁判の今日的意義ー法学的見地から  
ダーチュン・リュウ(旧ユーゴ国際刑事裁判所上訴裁判部裁判官、国際法廷残余メカニズム裁判官、常設仲裁裁判所メンバー、 万国国際法学会メンバー、中国法政大学教授)

パネルセッション

司会:
石田勇治 (東京大学教授)
ニュルンベルク裁判と東京裁判の遺産
ヴィヴィアン・ディートリック(International Nuremberg Principles Academy副所長)
東京裁判における検察側と弁護側の責任論の争点
戸谷由麻(ハワイ大学教授)
東京裁判とニュルンベルク裁判ー二重基準?
デイヴィッド・コーエン(スタンフォード大学教授、人権と国際正義の為のWSD半田センター所長)
芝健介(大阪経済法科大学(東京麻布台セミナーハウス)アジア太平洋研究センター客員教授、東京女子大学名誉教授)

総括コメント

林博史(関東学院大学経済学部教授)



外部リンク: